スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七夕コンサート&コンパは7月3日です!

 七夕コンサート&コンパの日程が決まりました!7月3日(金)の18:30から開催します。来週の金曜日ですね。時間のある方はぜひぜひBOXに立ち寄って参加して頂ければと思います。コンサートはまだまだ出演者集めてるので、皆さん気軽に弾いて下さい。

 出演者募集で思い出しましたが、実はもう今年度後期の定演出演者を募集しているんですよね。第121回定期演奏会です。前期の定演がついこの間終わったばかりだと思っていたら、すでに次の定演出演者募集の紙が小部屋に貼ってあって、すでに次に向かって動いていたのかと音研会員ながらビックリしてしまいました。自分が悠長なのか、時が経つのが思ったより早いのか。どちらにしろ、ちょっと先の話とは言え、後期の定演も盛り上げていかねばなりませんね。

 梅雨は湿気が多い時期です。湿気というのは楽器の鳴りにひどく影響を与えるもので、特に弦楽器はもろに影響を受けやすく、多湿なシーズンのヴァイオリンやチェロの演奏会はなかなか苦労が多いと聞きます。演奏会で使われるようなホールで湿度の調整が欠かせない所以です。
 これはピアノも似たようなもので、湿気が多い状態はやはりあまり好ましいものではありません。私の感覚ですが、湿度が高い環境では弦楽器と同じく、ピアノの鳴りが段違いに悪くなるような印象を受けます。4月や5月なら楽に出せた音色が、6月の梅雨に入ってしまうと途端に出しにくくなるような。それなりにフラストレーションの溜まる時期です。
 音色云々の話に限らず、多湿な状況を避けるべき理由はもう一つあって、それはカビが生えるからです。ピアノも大部分は木で作られているものです。ですから湿気が多いとカビが生えるというのは当然のことで、実際にカビ付きピアノを目にしたことが何回かあります。もちろんピアノだけでなく、弦楽器も放置しておくとカビが生えます。
 まあ何が言いたいかというと、ホールと小部屋の除湿機の電源は落とさないようにしましょう。そして、「満水」のランプが点滅している時は、そのままだと除湿機が動かないので、見つけた人がタンクを取り出して溜まった水を捨てて下さい。時々電源が落ちたままで放っておかれていて、それでは音研の楽器の存亡に関わるので、気付いた人からやって頂けると助かります。

〈今日の1曲〉
『ピアノ協奏曲第4番 ト長調 作品58 / ベートーヴェン』

 ベートーヴェンのピアノ協奏曲で番号が与えられてるものは5曲あります。一番有名なのは文句なしに第5番「皇帝」でしょう。それは認めた上で今回は第4番をチョイスする訳ですが、この協奏曲はそれまでの第1番から第3番の流れとは明らかに別物の音楽が備わっています。第3番でも確かに革新的な音楽が鳴っていましたが、第4番はそれに輪を掛けて、まるでベートーヴェン自身の心の中に全然違う蕾が花開いたかのように聴こえます。
 最初の出だしからして印象的ですね。オケに先行してピアノが提示する主題、和音を連打しているだけなのに、なんとまあ趣深いことでしょう。ピアノに続くオケがロ長調という比較的遠い調性で参入するところで完全にノックアウトですね。「やべえ…ベートーヴェン天才だわ」。非常に色彩感溢れる音楽が絶えず湧き出て、深い情緒で曲中を満たしていきます。第2楽章の鬱屈した音楽もそれまでの彼の音楽とは一線を画していて、静寂から現れる長いトリルのパッセージは最初聴いた時は痺れました。解決できない悲しみから、一転して破天荒な明るさの第3楽章。この楽章も主題提示の時点で「ハ長調かと思いきやト長調でした!」というユーモアがあり、飽きさせず最後の最後まで楽しませてくれます。
 この曲でベートーヴェンがロマン派の扉を叩いた、とどこかで読んだ気がしないでもありません。そう言えば、同音連打で扉を叩くという話は「運命」と似てますね。確かに、この曲に見られるしっとりとした豊かな感情表現は以前のベートーヴェンにはなかったものだと言えます。十分に時代をリードする革新的な音楽をそれまで作ってはいましたが、少なくとも、ここに来てより感情に沿って音楽の形を自由に扱うようになったなという印象は受けます。
 オーケストラとピアノを協奏曲という形態の中でどう扱うかという問題にも、ベートーヴェンなりの答えが見出されているような気がします。それぞれの書法が洗練され、オケが単なる伴奏に徹するだけの役回りではなく、またピアノも主役気分で鳴らしているだけの書き方でなく、両者が押したり引いたり、時には従来の分担から逆転する場面もあります。
 オリジナリティという面で、ピアノ協奏曲の中ではこの第4番が抜きん出ていることはその通りなのですが、それだけでなく随所に彼独特の繊細な心の機微が響いており、聴く者にもそれが尽きせぬ魅力として聴こえているのではないでしょうか。

『ピアノ協奏曲第4番 ト長調 作品58 / ベートーヴェン』
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。