スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すみやねん!

天気が良いことを願って起きた朝。
「雨やん……」
予報の通り朝からあいにくの雨。すみやねん中止も視野に入れつつ、ひとまずみんなBOXに集まった結果、12時から始める予定だったところを14時開始に引き延ばし、それでも雨が降るようだったら今回のすみやねんは中止ということになりました。結構心配しましたが、昼頃から天気が良くなって雨が止んだおかげで、何とかすみやねんを決行できました。雨は結局その後夜になっても降ることはなく、どうやら天気は今日の方が強い雨になるとのことです。
当日になって予定変更をしたこともあり、上回生を含めて人が来てくれるか不安でしたが、新入生も時間にはBOXに来てくれてお手伝いの上回生もいてくれたので滞りなく良いイベントにできました。火も今回は良い調子で、お肉をポンポン焼いていたら逆に余ってくるという事態も……。買ったお肉や焼きそばなどを消費するために、1回生も交えて結局は19時くらいまで焼いていました。恐らく例年のすみやねんはこんなに遅くまでやるものではなかったと思います。1回生もあんなにノリ良く付き合ってくれるとは、感謝!
開催中止が危ぶまれたものの、すみやねんも成功のうちに乗り切れました。
これで4月の新歓イベントは残すところあと1つ。24日(金)の第2回新歓コンサート&コンパ!これまでの器楽部新歓に行けてなかった人はもちろん、これまでに参加したというリピーターの方々も是非お越し下さい。コンサート出演もまだ受け付けていますし、飛び入り演奏もOK!みんなで楽しい時間にしましょう。

〈今日の1曲〉
『チェロソナタ第2番 ニ長調 作品58/メンデルスゾーン』
メンデルスゾーンの作品に見られる爽快さは、他の作曲家によるどの曲にも当てはまらない特別な高揚感に満ちています。時に深みに欠けると言われがちなメンデルスゾーンですが、むしろ彼の真価は音楽の優雅さや輝かしさといった幸せな側面を、さながら呼吸するかのように自然な形で我々に示してくれることではないでしょうか。特にこの曲の爽快感は抜群です。第1楽章冒頭からすでに風をまとって走っているような颯爽さで始まり、その勢いは衰えることなく駆け抜けていきます。楽章ごとに様々な表情を見せながら、最後の輝きに満ちたフィナーレを迎えた時には心が昂るようです
ピアノ三重奏曲第1番やいくつかの弦楽四重奏曲は認知されているものの、メンデルスゾーンの他の室内楽作品はあまり聴かれません。このチェロソナタはもっと聴かれてもいい名曲なのですが、そこまで広く知られていないようにも思われます。それは恐らくピアノが難しすぎるからです。ピアノ三重奏曲もピアニストにとっては相当な難曲ですが、この曲のピアノはそれを上回っていると、私は実際に弾いてみて思いました。
とにもかくにも、メンデルスゾーンの天才(作曲もピアノの技術も)を感じられるこの1曲。生で聴く機会があったらぜひとも行ってみたいものです。

https://www.youtube.com/watch?v=V4MIOr7vggo
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ライブラリアンとしての能力を十分に感じさせるブログですね、今後も楽しみにしてます(´・ω・`)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。